[最新版]スロージューサーおすすめランキング!残さず絞れるのは?

MENU

主婦が選ぶスロージューサーおすすめNo.1は?

 

絶対に買ったあとで後悔したくない!スロージューサーを選ぶときのおすすめのポイントは

  • 搾汁率が高いこと
  • 音が静かであること
  • 絞る時の速度がよりゆっくりなもの(ジュースの酸化を防ぐ)
  • 洗浄、掃除が楽にできること
  • 数年単位での保証が付いていること
  • 葉物の野菜も問題なく絞れること

主婦にとってスロージューサーの値段は決して安いものではありません。
絶対に失敗したくない価格帯の買い物ですよね。

 

まず、搾汁率はとても重要。これが高いものと低いものでは同じだけの材料を使ってもでき上がるジュースの量が違ってきます。もちろんたくさんしっかり絞れたほうがいいです。

 

そして気になるのが絞る時の動作音。他の家族がまだ寝ている時間に朝食の準備を始めたりするときにどうしても音って気になってしまいますよね。
特に小さなお子様がいる場合、せっかく寝てくれているのに起こしたくない…。そんな時に静かなスロージューサーならストレスなく使用できます。

 

また絞る時の速度がより遅い、スローな回転で絞る方が素材の細胞組織を壊さないのでできあがったジュースも酸化しにくく長持ちします。回転はスローなのに効率よくできるだけ短時間で絞りきるものがおすすめです。

 

そして洗浄や掃除が楽にできるものがいいですよね。手で急いで洗ったとしても怪我をしたりしない。危険な尖った部分や部品ができるだけ少なく設計されているものは、忙しい主婦のことを考えて作られているなぁと思います。

 

そして保証期間。もちろんどんなに丁寧に使用していても突然の故障は起きてしまうものですよね。個体差もありますし、これは運もあるので仕方がないことです。でもスロージューサーの値段を考えると最低でも3年。できれば5年くらいの修理保証が欲しいところ。安心して購入するときにはここは絶対に外せません。

 

最新スロージューサーのおすすめランキング!

ヒューロムスロージューサーH2H

いきなり結論から言っちゃいますと、スロージューサーのおすすめNo,1はヒューロムスロージューサーH2Hです。

 

これがなぜ1位になっているのか、その理由をあげますと、

  • コスパNo,1!(搾汁量が多い)
  • 動作音が一番静か
  • ジュースのなめらかさNo,1!
  • 低速回転No,1!
  • 安全性を考慮した設計
  • 5年間の長期保証

ゆっくり搾るヒューロムスロージューサーH2Hは
材料が酸素に触れる時間が短いため、ジュースが酸化しにくく、
美味しいジュースを飲むことができます。

 

素材の栄養素が壊れにくく、酵素も摂ることができます。
そして同じ量の材料からもたくさんのジュースを搾ることができます。

 

金属刃を使用していないので素手で洗っても安全です。
さらに5年間の長期保証もついているので突然の故障などにもしっかり対応してくれます。
今なら気に入らなかったときの返品保証もしています。

 

まずは値段と口コミを確認してから、あなたの予算に合わせて考えてみてくださいね。
ヒューロムスロージューサーH2Hの最安店はこちら (クリックで公式サイトに移動します)
↓       ↓      ↓

〜スロージューサーを初めて使う方へ〜

高性能のスロージューサーをお探しでしたら、ヒューロムスロージューサーH2Hはとってもおすすめだと思います。

 

でも、それが自分に合うかどうか、それは人それぞれな部分もあります。
人気があるから大丈夫だろう、と簡単に決めようとしていませんか?

 

買ったあとに「これじゃなかった」と後悔しないためにも、
まずは落ち着いて実際に買って使った人の口コミ実際の使用動画をチェックしてみてください。

 

「お金を払ってスロージューサーを買ったのに自分には合わなくて後悔…」といったことも少なくなります。
実際に自分が使っているのをイメージしながら決めるのが失敗しないためのコツです。

 

→→ヒューロムスロージューサーH2Hの口コミと使用動画はこちら

 

 

クビンスホールスロージューサー

第2位はクビンスホールスロージューサー。
こちらも1位のヒューロムとほぼ同じ値段で商品が購入できます。
使い方や搾汁率などの数値も非常に似ています。

 

さらにクビンスホールスロージューサーは投入口が大きいのが特徴です。
直径7.3cmの大きな投入口はニンジンなどの野菜などもほとんど切らずにそのまま入れられます。

 

朝忙しい主婦の方にとっても時間短縮できるのはかなりポイントが高いのではないでしょうか。
10年間の長期保証つきなので安心です。
↓       ↓       ↓

 

 

 

スロージューサーとミキサーの違いは?

 一般にミキサーは刃が高速回転することで、野菜や果物などを細かく砕いてジュースにします。ジュースを作るとき以外にもミキサーは食材を細かくして混ぜ合わせたりする目的で他の料理にもよく使われます。一方でスロージューサーは、その名のとおり、ジュースを作るため専用の機器です。

 

スロージューサーの場合にはミキサーのように刃を高速回転させて、中身の食材を切り刻むのではなく、果物や野菜から水分を絞り出してジュースにします。そのため、ミキサーの場合には野菜や果物の繊維ごと切り刻むために搾りかすはでませんが、スロージューサーの場合には野菜や果物などの水分を絞り切ったあとに搾りかすが別に出てきます。

 

さらにスロージューサーで野菜ジュースを作った場合には繊維質を含んでいないためにさらっとしたものができあがります。野菜ジュースなどが苦手な方にも飲みやすいのでおすすめです。

 

 

スロージューサーなら酵素や栄養素が摂取しやすいのでおすすめ

 ジューサーの中でも高速でジュースを作るものもありますが、一般的に現在ジューサーといった場合にはスロージューサーをさすことが多いです。特にこの数年でテレビや雑誌、ネットショップなど色々なメディアでおすすめ商品として紹介されているのを目にします。

 

もちろんスロージューサーがメジャーになり、人気商品として売れ続けているのはちゃんと理由があります。
それは普通のミキサーで野菜ジュースを作るよりも、実はたくさん栄養分をとることができるということなんですね。食材の栄養素を壊さずに自動で簡単にジュースを作ることができるのでおすすめです。

 

まず、野菜に含まれている酵素の成分ですが、実は酵素は熱に弱いんです。ですから、刃が高速回転するミキサーで野菜ジュースにした場合、高速回転する刃の熱によってこの酵素が失われてしまうんです。スロージューサーならそんなこともなく、安心して酵素を摂取できます。

 

また、酵素以外の栄養分についても、一見スロージューサーのほうが搾りかすが出る分栄養をとれなさそうに見えるかもしれませんが、実は繊維質の部分を分離させてしまうので、ミキサーで作るよりも栄養素の吸収がしやすい野菜ジュースが出来上がるんです。

 

 

葉物の野菜など水分量が少ない野菜には要注意

 ここまでの記事を読んで、スロージューサーを使ってジュースを作ることの魅力が伝わったでしょうか。ただし、たしかに類似品のミキサーとは違って普通のミキサーとは少し違って、中にはジュースにしにくい野菜もありますので注意してください。

 

この場合は野菜の水分を絞り出してジュースにしますので、水分量の少ない野菜や葉物の野菜でジュースを作ることがなかなか難しいです。「葉物はサラダで食べるからいいわ」という方なら問題ないのですが、葉物もジュースにして飲むことを考えていたのならばスロージューサーの購入は考え直してみたほうがいいかもしれません。

 

ただし、メーカーによっては葉物もうまくジュースにできるものも売られていますのでそれらを検討してみるというのも一つの手でしょう。

 

スロージューサーを使うことで、ミキサーで野菜ジュースを作るよりも、より栄養素を体に吸収しやすいジュースを作れます。

 

効率的に栄養を摂取するために

 

スロージューサーを使用することで効率的に
栄養素を摂取できます。スロージューサーは従来の
ミキサーとは違い素材の細胞を壊さないのです。