スロージューサーで美味しいジュースが作れる?

MENU

スロージューサーの特徴とは?

一般的にフルーツや野菜を使ってジュースを自作する場合、一般的なミキサーを使用してジュースを作ることが多いのではないでしょうか。しかし自宅でミキサーで作ったジュースとお店で提供されているジュースとでは明らかに飲んだ感じが異なることに気が付く人も多いでしょう。これは根本的に使用しているジューサー自体が異なっているためです。お店などで使用されているジュースを絞る機械はスロージューサーと呼ばれる機械を使用している場合が多く、自宅で一般的に使用されているミキサーとは根本的に絞り方が異なります。その為同じフルーツを使って同じようにジュースを作った場合でも、明らかに味や舌触りの違いが出てきてしまいます。その為自宅でスロージューサーを使用すれば、お店のように美味しいジュースが自分で作れます。

 

スロージューサーの特徴

スロージューサーも一般的なミキサー同様にフルーツなどを機械の中で細かくしてジュースを作ります。しかしミキサーとの決定的な違いはそのジュースの造る段階の絞り方で、ミキサーの場合は内部のカッターを高速回転させフルーツなどを細かく裁断してジュースを作りますが、スロージューサーは刃ではなく石臼のような構造となっておりゆっくりとフルーツなどをすり潰しながらジュースを造ります。その為裁断ではなくすり潰しというジュースの造り方に違いがあるため、同じ食材を使用した場合でも出来上がりのジュースが全く違うものになります。ミキサーで作ったジュースももちろん美味しいですが、スロージューサーで作ったジュースはそれをはるかに上回る味の違いがあり、一言で言えばまろやかさが全く違うものになります。

 

何故スロージューサーで作ると美味しいのか?

ミキサーで作ったジュースとスロージューサーで作ったジュースでは、何故スロージューサーのほうが美味しいジュースが作れるのかと言うと、スロージューサーはフルーツや野菜の繊維を細かくすり潰すことができるため、ミキサーのように固形物が残っていると言うことがありません。そのため口当たりはまろやかになりますし、細かくすり潰されているため非常に栄養価も高くなります。これはすり潰すことで食材のもっている栄養価を余すことなくジュースの中に出すことが出来るためです。特にフルーツなど皮と皮の間に含まれていることが多いうまみも全て引き出せるため、スロージューサーで作ったジュースは美味しいというわけです。その為スロージューサーを購入すればお店に負けない美味しいフルーツジュースや野菜ジュースを手軽に作ることができます。