「スロージューサーの搾汁率って?

MENU

スロージューサーの構造を知ろう

自宅で手軽に美味しいジュースを作ることが出来るのがスロージューサーと呼ばれる機械です。このスロージューサーはミキサーとはその構造が大きく違い、スロージューサーの中に入れたフルーツや野菜をすり潰すことで中から果汁などを絞り出す仕組みとなっています。そのためミキサーのように全部を高速回転する刃で裁断してジュースを作るわけではないため、純粋な果汁を出来るだけ多く絞り出すことが可能になっています。果実などに関してもすり潰すため、裁断するよりも多くの果汁などを取り出すことが出来るため、無駄なくフルーツや野菜をジュースにすることが出来ます。これがミキサーの場合は固い野菜などはほとんど水分が出てこないことも有りますので、ミキサーではジュースに出来ない野菜やフルーツもあります。しかしスロージューサーの場合はすり潰すので硬い野菜などでも内部の水分を絞り出すことが出来ます。

 

スロージューサーの搾汁率は?

スロージューサーを使用する上で重要なのが搾汁率と呼ばれる値です。これはフルーツや野菜の汁をどれくらい絞り出すことが出来るのかという値で、スロージューサーの場合この値が非常に高いのが特徴となります。例えば人参と言ったなかなか水分が出難い野菜でも、スロージューサーの場合は約70%もの搾汁率で中の汁を絞り出すことが可能になります。これは分かり易く言えば人参の70%がジュースに出来ると言うことで残りの30%が絞りかすになる計算です。水分が多いフルーツなどであれば更に搾汁率はアップすることになり、90%以上の搾汁率となるフルーツなどもあります。この搾汁率は使用するフルーツなどの食材によっても異なりますし、使用するスロージューサーの性能によっても異なりますので、全ての食材が同じ搾汁率になることは有りませんし、性能によっても搾汁率は大きく異なります。

 

出来るだけ搾汁率を上げたい場合には?

スロージューサーを使用して野菜ジュースなどを作る場合、出来るだけ搾汁率を上げることが出来ればそれだけ無駄なく野菜などの栄養を摂取することが可能になります。基本的には野菜やフルーツ自体はその構造などを変えることが出来ませんが、スロージューサーに入れる際に丸のまま入れるよりは多少裁断して入れるなどの工夫をするとより一層搾汁率をアップさせることが出来ます。スロージューサーの形状でも搾汁率は異なり、縦型よりも横型のスロージューサのほうが葉物野菜の搾汁率が高いと言った様な得意不得意もありますし、スロージューサーの性能が良ければそれだけ搾汁率も上昇しますので、使用するスロージューサー選びも搾汁率に大きな影響を与えるポイントだと言えます。その為何をジュースにすることが多いのかも考えてスロージューサーを選ぶとよいでしょう。