MENU

 

ミキサーとはどんなものか?

ミキサーとはどんなものなのかですが、大きなジョッキのような容器の中に果物や野菜を入れて、容器の底についている刃が回転することによって果物や野菜を細かく切り刻んで撹拌する調理器具です。
ミキサーのメリットは、食材を丸ごと使用されるので食物繊維が豊富で食材本来の栄養素が残ったままになることです。また、絞ったカスが出ないのでお手入れが非常に楽です。ミキサーのデメリットは、液体が必要になるので100%ジュースを作ることができないということです。また、ジュースを作るとしても食材を丸ごと切り刻んで作るのでサラサラのジュースを作りにくいという面もあります。このようなことからジューサーで作ったジュースよりも味の面でもやや劣ります。機械的な問題で言うと、使用しているときの音がかなりうるさいです。

 

 

スロージューサーとは?

スロージューサーを紹介する前に、まずジューサーとはどういったものかですが、名前の通りジュースを作るのに特化した調理器具です。果物や野菜などの材料を細かく砕いて細胞壁を破壊、それを濾して水分だけを抽出することができます。よって、食材をジューサーで絞った後は絞りかすが出ます。
スロージューサーについてですが、材料を細かく砕くときの刃の回転数が1分間に数十回転ほどで食材を削ることなく絞ることができるものをスロージューサーと呼びます。一方、刃の回転数が1分間に1万回以上の高速回転で食材を削って繊維質と水分を分離させるものを高速ジューサーと呼びます。ちなみに最近人気が高まってきているのがスロージューサーです。なぜスロージューサーの方が人気が高まっているのかと言うと、低速回転で食材を絞るので、食材の栄養素が壊れにくいからです。

 

 

スロージューサーとミキサーではどっちがオススメ?

 

スロージューサーとミキサーではどっちがオススメなのか?それは、用途によって違ってきます。たとえば、ダイエットや美容のためにフレッシュジュースを飲みたいというのであればスロージューサーがオススメです。スロージューサーは、食材に含まれる代謝を良くするための酵素などの成分を壊しにくい特徴があります。スロージューサーで作ったフレッシュジュースを飲むだけで痩せやすくなったり肌に潤いを与えたりと言う効果が期待できるのです。一方、便秘や肌荒れのために利用したいと思うのであればミキサーがオススメです。食材の食物繊維を分離することが無いので、ミキサーで作ったジュースなどを飲むと腸内環境の改善につながり便秘や肌荒れの解消へとつながります。
このように用途によって違うので、どちらが良いということはありません。